理解と支援を

知的障がいのバリアフリーは
理解する心しかありません。

社会福祉法人に求められているものは、自身の実施事業の充実・地域に必要なサービスの創出、そして地域における公益的な取り組みです。
そのために福岡県知的障がい者福祉協会では、障がい者福祉の分野でそれぞれが行っているサービスを充実させ、地域のニーズに合った新たなサービスを作り上げ、「社会福祉法人が存在するから解決できることがたくさんある」ということを認識してもらえるよう活動しています。

WORKING ON
協会の取り組み

就労支援への取り組み

福岡県知的障がい者福祉協会では、生産活動・就労支援部会を中心に、活動しやすい環境づくりを目指して活動しています。

進路に関する取り組み

『本人を主体とした進路決定を 』 をコンセプトとして、相談支援を中心にその人にあった環境づくりに取り組んでいます。

未来人材プロジェクト

子供たちにもう少し身近に「福祉」を感じてほしい、そんな思いから福祉に興味を持ってもらう取り組みを行っています。

福祉施設の安全の確保

災害時、緊急時等における会員間での支援協力体制の強化を行うとともに、積極的に行政・各種関係団体等との連携や情報交換を行っています。

TOPICS
おすすめ記事

   

INFORMATION
お知らせ

福祉関係で働いてみたい方へ

支援する側の生きがい、やりがいも大きな仕事です。